無垢材家具

「無垢材とは?」メリットとデメリットとお手入れ方法を紹介

 家具やフローリングなどに良く使われる素材の無垢材。ですが、「どんな特徴を持った素材でしょうか」という疑問を持っている方も多いかもしれませんね。
 今回は無垢材とはどんな素材なのか、無垢材を使用するメリットデメリットや、長持ちさせるためのお手入れ方法についてご紹介いたします。
 無垢材(むくざい)とは、木材のことで、天然の樹木から取られた木材を指します。木材加工によって作られた商品ではなく、天然のままの状態の木材を指します。

無垢材のメリット

  1. 自然な風合い: 無垢材は、天然の樹木から取られるため、自然な風合いがあります。木目や色合いなど、自然な見た目を楽しむことができます。

  2. 健やかな空気: 無垢材は、天然の樹木から取られるため、健やかな空気を家に持ち込むことができます。

  3. 長寿命: 無垢材は、天然の樹木から取られるため、長寿命を持っています。

  4. 環境に優しい: 無垢材は、天然の樹木から取られるため、環境に優しいです。

  5. 個性的なデザイン: 無垢材は、天然の樹木から取られるため、個性的なデザインが楽しめます。

  6. 仕上がりの自由度: 無垢材は、天然の樹木から取られるため、仕上がりの自由度が高いです。

無垢材のデメリット

無垢材にもデメリットがあります。

  1. 高価格: 無垢材は、天然の樹木から取られるため、高価格です。

  2. 取り扱いには注意が必要: 無垢材は、天然の樹木から取られるため、取り扱いには注意が必要です。湿気や温度の変化によって収縮したり、変形することがあります。

  3. 古びやすい: 無垢材は、天然の樹木から取られるため、古びやすいです。

  4. 保全には手間がかかる: 無垢材は、天然の樹木から取られるため、保全には手間がかかります。

  5. 取り扱いには専門知識が必要: 無垢材は、天然の樹木から取られるため、取り扱いには専門知識が必要です。

  6. 取り扱いには労力がかかる: 無垢材は、天然の樹木から取られるため、取り扱いには労力がかかります。

無垢材の種類

無垢材には、様々な種類があります。

  1. 桧: 日本国内で最も一般的な無垢材の一つで、優れた耐久性や耐腐性を持っています。

  2. 杉: 日本国内でも広く使用される無垢材の一つで、耐腐性や耐久性が高く、良好な機能性を持っています。

  3. ダイカット・ワイドプランク: 枯れた材や痛みがある木を使用し、独特な風合いを持っています。

  4. オーク: 日本国外で最も一般的な無垢材の一つで、優れた耐久性や耐腐性を持っています。

  5. チーク: 日本国外でも広く使用される無垢材の一つで、耐腐性や耐久性が高く、良好な機能性を持っています。

  6. マホガニー: 日本国外でも広く使用される無垢材の一つで、色が鮮やかで、美しい木目を持っています。

  7. 他にも、バーチ、メイプル、イチジク、ヒノキなど様々な種類の無垢材があります。

無垢材のお手入れ方法

無垢材は耐久性が高く、長い寿命を持ち、日本人の生活に古くから親しまれてきた素材です。
無垢材は10年、20年と使用していくことでより色も深みも増し、その経年変化を楽しむことができます。決して人工的加工では作り出せません。
無垢材の掃除は簡単でOK!柔らかい布やスポンジなどを使用したり、掃除機をかけたり、乾拭きしたりで十分です。汚れが頑固な場合は、軽いブラシや特殊なクリーナーを使用することもできます。

ただし木製品は水に弱いため、水を避けたほうがいいです。乾いた布やスポンジで拭いて、水分をしっかりと取り除き、日陰や通気の良い場所設置するのはお勧めです。

ブログに戻る